遅れたサンタさん?

昨日の朝

出勤途中

朝8時薄暗いですがこれでも大分明るくなっています

前日の夜の雪がちょっぴり残っています

年が開けると春が日に日に近づいてきているのを感じます

温暖だった12月とは打って変わってかなり寒いですが

それでも日照時間がながくなると気持ちも明るくなります。

我が家の暖房問題

日本で言うマンション?!になるのでしょうか

息子君を身籠っている時に初のマイホーム購入

帝王切開で出産し退院後1週間で引っ越し

乳飲み子抱えて夜な夜な荷ほどきしていたのが8年半前のこと

何かと問題のある住まい

暖房もその1つ

冬は温風夏は冷風が各部屋にある通気口から出て

温度調節をしてくれるはずが

毎年寒くなっても冷風が出てきて室温は上がらず

上がったと思ったら汗ばむほどの温度まで上がったり

各フラットで温度調節が出来ないので寒いよりはマシだと納得させて過ごしてました。

ここ2年ほど問題はありつつも温度は適温になり快適にすごしていました。

新しいヒーティングシステムが設置されたのが2年前?

設置工事は遅れに遅れ

途中契約していた工事会社が変わったりし更に遅れ

昨シーズンは使えず古いヒーティングシステムを再開

今シーズンから使用開始となりました

各フラットで温度調節が出来る

そのためのリモートがあるのですが

これが全く機能していません

スイッチが入ったり入らなかったり

ヒーターの気分次第


寒波が来ると機能しないヒーター

ここ数日外気はマイナス
もちろんヒーターは機能していません
ブランケットに包まり数年前に買ったポータブルヒーターで暖を取ってる状態

雪になると天気予報で言われていた日の夕方
各フラットのドアの前に置かれていたのは

オイルヒーター
メッセージも何もなかったのですがおそらく管理会社からの
贈り物?!

さていつになったらヒーティングシステムは機能するのでしょうか…

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. 遅れたサンタさんは何を持ってきたのかな、とワクワクしながら読み進みましたら、管理会社からのヒーターでしたか。笑
    暖房設備が不備なのは痛いですね。
    カナダだと、そういう具合だと命に関わるので、法律で冬の室温は最低21度がキープできることと定められています(連邦政府の定めだったか単なる市の条例だったか定かではありませんが)
    古い家が多いので壁の断熱処理が不十分だったり窓が古かったり安物だったりして冷気が入り込むなどという状況がよくあるのですが、窓ガラスにプラスティックを貼ってもう一層断熱効果のある膜を作るとか、天井の下に布を張り巡らせたりして暖房された室温を逃さないようにしたり、そういう貧乏技が結構有効で、レンタルのアパート住まいの人はよくやってます。
    そんなことしなくてもいいように、早く暖房の状況が改善されますように。

    • マモ says:

      とりあえず昨日の夜は復活してましたがまたいつ止まるかわかりません(汗)
      あんな大雪降るところでヒーター止まるなんて生死の問題ですよね!