自然破壊かそれとも

日曜日に焼いたパン

同時進行でグラノーラ焼いたり食パン用の生地仕込んだり洗濯機掃除したりしてたので焦げちゃいました(汗

日本で売られている『ソフトフランス』

バゲットとの違いを知りたくてレシピ検索すると砂糖や油脂が入っていたり

「油脂が入っているのが違いです」と言ってる人もいてそうなのかなー?それで食感が柔らかくなるのかなー

でもバゲットと同様の油脂無しレシピもあって

食感の違いは油脂だけじゃないんじゃない?

よくよく見るとどれもバゲットと比べると温度低め

週末いつもの生地ちょっと低めで焼いてみようかなと思ってます。

BBCの人気ドキュメンタリー

Dynasties

The film crew find a group of trapped penguins and cut steps in the ice for them to escape

エピソード2のエンペラーペンギンのフィルムクルーが

立ち往生していたペンギンを助けたことが話題となっています。

これに対して賛否両論

自然破壊だと非難する人もいれば

助けたのは正しいという人も

ナレーターを務めるデヴィッドアッテンボロー氏は

The veteran naturalist would have intervened to help the birds trapped in a ravine, says exec producer.

現場に居たら自分も彼らと同じように助けるだろうと擁護

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. 凄い!ブランジェリー・マモさんですね。焦げちゃって食べられないのは嫌ですけど、ちょっと色濃く焼けた部分がある程度だったらそんなのアリですよ。バゲットって醤油せんべいに通じる部分があると思うんですよね、香ばしさの点で。日本ではパンは柔らかさが一番大事なようですが、バゲットすらソフトにしてしまうなんて凄いですね。
    野生動物のあり方に人間が手を加えるの、難しいですね。意図せずにとはいえ人間がもたらした地形の変化や異常気象で散々迷惑を被ってる野生動物相手に、ちょっと斜面を掘って救助を試みたからと「助けた」も「破壊行為」もないという気持ちもしますが。
    記事中のビデオ、カナダでは閲覧できないと表示が出るので見ていないんですが、ツイッターのGIFのペンギンが滑ってるビデオは見えました。笑 

    • マモ says:

      1週間分を週末に焼くので大忙しです(汗。
      ドキュメンタリー撮影クルーは坂を登れず凍死していくペンギン達を何十と目の当たりににし、堪え兼ねて坂にペンギンのいない間にちょっぴり坂に細工をしペンギンが登れるようにしたわけですが、これが自然界にどんな影響を与えるのかは神のみぞ知るというところでしょう。