ケトルが壊れちゃった!どうしよう?

イギリスでは年間525000トンもの家電が捨てられているといいます。

電気ケトルが壊れた時捨てずに済む方法があるかというのが今日の記事

Our household appliances could have much longer lives if they were designed to be easily repaired.

記事によると消費者がパーツ交換出来るようなデザインが既に開発されているといいます。

が電気ケトルは修理出来ないというのが現状のよう。

以前使っていたイギリスの掃除機ダイソン似だけど値段は半額以下

しかも6年間保証付きだったんです。

この6年間の間にパーツが何度も壊れ

その度に無料でパーツを送ってもらい

とことん使い倒して7年で廃棄となりました。

さて我が家の電気ケトルはどうかなとネットで調べたら

パーツ売ってました!

BuySpares - Home & Garden Spares, Spare Parts, Appliances and Accessories for Top Brands including Hotpoint, Dyson, Beko & Flymo all with Next Day Delivery!

でも自分で電気系統のパーツ交換出来るかなー…

幸いまだ壊れてません(ほっ

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. 電気ケトル、持ってない頃は小鍋でお湯を沸かしたりしてて気になりませんでしたが、持ってる状態に慣れると、壊れたら不便と感じるでしょうね。最近の家電は修理しないで使い捨てを前提にしているものだと思ってましたが、分解して修理できる製品を開発している会社もあるんですね。オランダのこのFairphoneが気になります。

    • マモ says:

      まだまだ修理できないものの方が多いようですが少しずつでも使い捨て家電が減っていくのは嬉しいです。