ショック!コットンが環境破壊!

昨日の記事で紹介したショッキングなニュース

怖い現実が発表されました 既に温暖化が驚くほど進んでいるという現実 今すぐに行動...

既に温暖化の影響が世界中に現れているのですが

今行動を起こさなければ取り返しのつかないことになるというサイエンティストの警告

Urgent changes needed to cut risk of extreme heat, drought, floods and poverty, says IPCC

期限は12年だとか…

一家族で出来ることは僅かでもやれることやろうと思っています。

その一環の一つ

衣類

大人は成長しないので(太ることもありますけど…)定期的に衣類を買い換える必要はありませんが子供はそう言う訳にはいきません。

幸いセカンドハンドの服でも文句を言わない息子君(知人の子供は泣いて拒否するとか)衣類は全てセカンドハンドです。

出来るだけ新しいものを買うのを避けるようにしていますがどうしても新品を買う必要があるときには素材に気をつけたいと思っているのですが

化繊が環境に悪いこと皆さんご存知だろうと思いますが

一番環境に優しい素材だと思っていた

コットン

実は環境破壊しているというショッキングな事実

コットンを作るには大量の水が必要だといいます

そのために川が干魃

工場から排出される汚水で川が汚染

その川で泳ぐ子供達…

大好きな素材のコットンですが

その背景にある事実

一体どの素材を買えばいいのか…

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. コットンの真実は知らずに済むなら知りたくないことばかりです。大量生産されるもの、それで経済が動くもの、って結局そうやって環境や労働者に害があっても効率がよく利益が上がると言う理由で黙認されてきているんでしょうね。バンブーとか別の繊維も、需要が増えて生産が増えてもうけが増えれば同じことなんでしょうね。「ファッション」って罪深い産業かも。
    私も衣類はサルベーション・アーミーとかチャリティーショップ多用です。貧乏学生の頃から。でも流石に下着とか靴下とかは新品です、、、笑