生理用カップ利用者急増中

ゼロウェイスター愛用の

生理用カップ

私も愛用者の1人ですが

As menstrual cups and 'period-proof' pants are more in demand, BBC News looks at the reasons why.

利用者が増えているという記事

リサイクル出来ないごみ

利用者が増えている背景としてはごみへの意識が高まっているからとか

私自身利用してみてゴミの量が激減

以前はタンポンとナプキンの両方を使っていて

多い時は1時間毎に交換していたわけですから相当なゴミ排出していたわけです。

現在は生理用カップと市販の生理用ナプキン又は布ナプキンを利用してるのでごみ市販のナプキンが数枚だけ

TSS

タンポンを長時間装用していると発症する可能性があるというtoxic shock syndrome

生理用カップはタンポンよりその発症率が高いとか

装用時間を規定より短めにし

とにかく清潔にすることで防止出来るそうです。

生理用カップは12時間装用可能ですが

長くても6時間で一旦洗浄するようにしています。

煮沸消毒は月1回生理使用前のみで良いとされていますが

毎朝使用前に煮沸消毒しています。

TSS自体の発症率はかなり低いですが念には念を。

タンポン税って何?

日本の消費税は一律に購入したものに課税されていると思いますが

イギリスの場合、商品によって課税か非課税か変わります。

その基準は生活必需品であるか否か

例えば食料品、殆どが非課税ですがケーキやお菓子類は必需品ではないので課税されます。

この基準からすれば生理用品は非課税となるはずが課税されているようです。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me