プラスチック リサイクル出来るもの出来ないもの

日本でもごみの回収され方や何がリサイクル出来るかなど住んでる地域で異なると思うんですが

イギリスでも地方自治体によって違います。

England is recycling more plastic than ever - but for this to continue, the system needs to change.

記事によるとプラスチックゴミだけをとっても全くリサイクルしない地域から30種類以上リサイクルする地域まであるとか

下記がプラスチックのタイプ別でのリサイクル回収率です。

お隣のカウンシルではフードラップまでリサイクルしてますが私の住む地域のカウンシルはしません。

地域によってリサイクルされるかどうか違うことに加えどのタイプのプラスチックがリサイクルされるか曖昧なところが混乱を招いているようです。

回収指定にこの番号を何故使わないのか理解出来ません

洗うなんて聞いてないよー

日本では事細かくゴミの回収の仕方が指定されていますよね、例えばペットボトルは容器を洗いラベルを取り除いてキャップは別にする(私が日本にいた時の基準なので変わったかも)とか牛乳パックは切り開いて洗浄し乾燥させておくとか

イギリスのリサイクル回収は洗浄するなどの指示はありませんが記事によると

せっかくリサイクルとして回収されても汚れているとリサイクルされないとか

じゃあなぜカウンシルはそのように住民に支持しないのか!

せっかくきっちり洗ってリサイクルゴミとして出してもカウンシルがきっちりリサイクルしていないという事実もありますからまだまだ問題だらけです。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me