帰国と現実

ポルトガルから昨日帰って来ました(号泣

イギリスから出発の日は冷たい雨で帰国の日は曇り空

猛暑の時には恋しかったイギリスらしい天気

ポルトガルの眩しい太陽の下、ビーチを満喫したバカンス後は

来年の夏休みまでこの天気で暮らすのかとかなり憂鬱にさせられました。

入国審査の長い行列を眺めながら、EU離脱したらいったいどうなるんだろう?と更に現実に引き戻されふと思ったり。

イギリスの入国審査はEUとイギリス国籍用とその他と2つに分かれています。

EUファミリービザを所持している私は家族と旅行する時にはEUとイギリス国籍用の入国審査を通ります。

EU離脱後はイギリス国籍とその他となるわけですから今まで以上に時間がかかることが予測されます。

3月までに準備出来るのでしょうか?

明日から息子君は学校
早いもので四年生になります。

私は仕事(真っ青
オットは家で仕事だとか

次のバカンスの予定を考えちょっと現実逃避したいと思います。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. お帰りなさい。
    夏の終わりは寂しいですよね。暗くなるのが早くなるとますます悲しく、夏時間が終わって1時間日没が早まるとぐっと落ち込みます。その前に食べ物の美味しい秋があるのがせめてもの救いです。