2/3はリサイクルされていない

今朝のロンドン

5時で薄暗く三日月が見えます。

昨夜はなかなか不快な寝苦しい夜でアイスパック を2個屈指、寝つきの時に1つ、夜中に目覚めた時に交換して2つ目で眠りに落ち

暑さで5時前に目覚めたました

今日も30度越え(脱力

明日からはかなり気温が下がるようですので今日1日踏ん張ります

リサイクル出来るもの

これが我が家のある地域のリサイクル出来るもの

  • mixed glass
  • paper and card
  • plastic bottles
  • plastic trays and tubs
  • cartons
  • Tetra Paks
  • tins and cans and aerosols

こちらが出来ないもの

  • food waste
  • plastic wrappers
  • shredded paper
  • food-soiled packaging
  • polystyrene
  • foil
  • paper towels
  • plastic bags/bin bags
  • textiles.

プラスチックのトレーや容器はリサイクル出来るのにバッグやラップ類は出来ません

以前きゃすぴえさんが紹介されていたThe Clean Bin Project

こちらの中でプラスチックの分別をする時にプラスチックの番号で分別していましたが

うちのカウンシルにはそのような表示は全くありません。

判断基準は硬いかそうじゃないか

指定の基準通りに“硬い”プラスチックはリサイクルゴミとして出しているわけですが

実はその2/3がリサイクルされずに処分されているという記事

The majority of plastic containers used for yoghurts, ice cream, ready meals and fruit end up in landfill.

ホント腹が立ちます

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. 三分の二がリサイクルされてない、って酷いですね。
    ダブリンの電車の駅内にあったM&Sで、電車内で食べるスナックを探していた時に見かけた食品あれこれの中に「この容器はリサイクルできない素材です」という表示のあるものがあったので、表示してないものはリサイクルできる素材で作ってくれてるっていうことかな、と思って感動したんですが、感動を返してくれ、と思います。笑 あ、でも同じM&Sでもアイルランドとイギリスとでは違うのかもしれません、別の国だから対応も違う、、てそんなことあるでしょうか。
    何れにしても、リサイクリングは最後の手段っていうことですね。

    • マモ says:

      温暖化やマイクロプラスチックの問題が目の前で起こっているのに企業や政府はお金儲けしか考えず危機感がないことに腹が立ちます。

  2. ぽこ33 says:

    シュレッダーかけた紙なんてそのまま再生紙になりそうなのに。布だってウエスとして工場で使えるのに。その上行政で回収しているものでさえリサイクルされないなんて、本当にもどかしいですね。
    我が地区は固い厚手のプラスチックは燃やしています。地域の事情が反映されるとは言え、リサイクルできるならやりましょうよって…なんか悲痛な叫びですね。
    上勝町のように、自治体がゴミを回収しないと言うのはちょっと乱暴に思えますが、リサイクルしてくれるところに提携を依頼するその姿勢は素晴らしいと思います。
    …愚痴ってしまいました。すみません!

    • マモ says:

      お隣の自治体はシュレッダーの
      された紙もラップもリサイクル可能なようですが回収のされ方を見てるとどこまで本当か怪しいですけど。リサイクルしてると言えば国からお金が貰える、でも実際しなければそのお金を別のものに使えるということなんでしょう。プラスチック燃やされちゃうんですねー。リサイクル出来ないものは作らないという法律が出来ればいいんですが…