EU離脱 交渉決裂したまま離脱したら…

昨夜は思ったほど雨が降らず

お陰で気温も下がらず

かなり寝苦しく

また寝不足の朝を迎えました(朦朧

今日から25度未満の気温がしばらく続きますが気象庁の発表ではこのヒートウェーブは10月くらいまで続く可能性があるとか

想像するだけで気絶しそうです。

さて交渉難航中の

BREXIT

EU離脱まで7ヶ月ですがこのままでは交渉決裂のまま離脱となる可能性が高いようです。

もし交渉決裂のまま離脱したらどんな影響が出るのかと言う記事

Could food and medicines be stockpiled in the event of a 'no deal' Brexit?

食品

イギリスは食品の40%を輸入に頼っているようです。

そのうちの3/4がEU加盟国から来ているわけですが

オーバーナイトでドーバー海峡を渡ってやってくるのでスーパーは少量の在庫を維持するだけというのが現状

交渉決裂のままEU離脱してしまったら

カスタムでの審査に時間がかかり結果としてスーパーに配送される時間がかかる

今まで必要なかったので在庫を保存するスペースのないスーパー

在庫を確保するためのスペースや輸入先をEU以外へ移行するとなると食品の価格が上昇するのは必至となりそうです。

45ミリオンもの薬がEU加盟国から輸入されているそうです。

関係者によるとBrexit に備えて在庫の確保量を増加しているそうですが

薬品によっては数日または数時間で使用不可となるものもあるようでこういったものは一体どうなるんだろうか?

政府はまだ時間があるとポジティブなことを言ってますが

一番いいのは離脱しないことではないでしょうか?

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. Brexit、どうなるんでしょうね。
    文中のリンクの記事のイチゴの写真の横の数字で、去年のクリスマス時期に毎日柑橘類をスペインから輸送していたトラックの台数が130っていうのを見てちょっとびっくりしたんですが、考えてみれば日本だってカナダだって、そうやって遠方から運んでくる食料の量、物凄いでしょうね。Brexitもアメリカ大統領Tも迷惑ですが、人が生存するのに必要なものを地元でまかなえるようにする、ていうのはどこに住んでいても今後の課題な気がします。

    • マモ says:

      ローカルで賄えるようになるのが理想なんですが、大手スーパーが価格を叩いたせいで野菜作りからバイオヒュール用のプラントに移行している農家が増えているようです。