鬼の居ぬ間に焼き菓子とスティッキーなノンスティック

まったりとイングリッシュサマーを楽しんだ日曜日

久々にマドレーヌ焼きました

レシピは自分で作り易く調整したもの

分かりやすい分量でとにかく混ぜるだけ

砂糖はココナッツシュガーを使用

数年前に買ったマドレーヌ型

ノンスティックだったのはほんの数回だけ

毎回生地を入れる前にバターと粉を振ってます

それでもくっついたりして

ノンスティックじゃないもの探しているんですがなかなかありません。

パウンドケーキ型 もしかり

数回焼いたらノンスティック加工が剥げてきます。

ノンスティックフライパン もすぐダメになるので買うのをやめました。

数年使っているノンスティック加工の無い食パン型が一番ノンスティックで型からすぽっと抜けます。

日本に帰ったら河童橋に行きたいなー

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. ノンスティックってすぐ禿げてきますよね。
    お菓子やパンの型、ノンスティックじゃないのって本当になかなかないですよね。
    フライパンならあるのに、なぜでしょう。
    うちは友人のお古の炊飯器を20年近く使ってるんですが、これも内釜のノンスティックが怪しくなってるので買い換えたいのですが、ノンスティックの薬品がついてる内釜じゃないものを探してるので全然見つからず、未だにノンスティック加工が剥がれてきてる古いのを使い続けているという、、、。インスタントポットってどうかなあ、って思ってるんですが、表面加工されてますか?
    鍋でもご飯は炊けますけれど、セットして放置しておけば勝手に炊けてる便利さを捨てられません。笑

    • マモ says:

      我が家のものはノンスティック加工されてますがステンレススティールのものもあるようです。