イギリス南西部にサメとスーパーのパッケージ

温暖化により将来的にイギリスにサメが生息するようになるという昨日の記事

暑い日の続くイギリス 北西部ではホース使用禁止が実施される様子 今のところ生活用水に深刻な影響は出ていないようで...

将来的ではなく実際にイギリスでサメが発見されたという記事

Swimmers are being urged to stay out of the water after a shark was spotted in a harbour.

ハーフタームで訪れたシーサイド

肌寒かったのにビーチは人手いっぱいでした

既に夏休みが始まった学校もありこの暑さだしビーチは混雑していたはず

サメの登場で大パニックになったのではないでしょうか。

 Plastic Free July

今回は、家にあるプラスチック容器、買い物でのプラスチックパッケージ、見直したり考えたりする期間としています。

こんな記事

Consumer group Which? says up to a third of plastic packaging in supermarkets is not easily recyclable.

消費者グループ Which?

大手スーパー10社を対象にパッケージについて調査した結果

ドイツのスーパーマーケットLidl が最下位

Lidl は近所に無いので全く利用しませんが

よく利用するMorrisons が1位となっていますが他社と変わらず不必要な野菜や果物のパッケージ

リサイクル出来ないプラスチックのパッケージだらけです。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. プラスティック・フリー、私も「やってます」とか言いつつ、実際は普段と大差なく(できることは普段もやってるという部分もありますが、難しいことは先延ばしにしているという点もあり)パッケージの多い店には買い物に行かないとか、地味な取り組みです。

    それにしてもサメ、実物を見たことがないので、見かけても気がつかないんじゃないかと思うとちょっと怖いです。

    • マモ says:

      サメも温暖化で食べ物がなくなってしまってエサを求めて彷徨い、迷い込んでしまったんでしょう、可哀相に。
      昨年は離婚の危機?!となるくらいピリピリしてプラスチックフリーを目指してましたが私個人がやれることには限界があって我が家だけがプラスチックフリーになってもスーパーの販売の仕方パッケージの仕方自体が変わらなければどうにもならない。量り売りを買って我が家に入ってくるプラスチックが減っても量り売りしているお店のプラスチックが減ることにはならないわけでなんて考えたら割高なルース売りを買う理由が見えなくなってしまいました。