罪悪感とタイミング

人生二度目のボーリングを楽しんだ息子君

子供用のサイドカバーなしだったのでガーターの連続でしたが

パパにレクチャー受けてちょっと上達

バースデーパーティはボーリング!と言っております。

長崎ではAirBnbを利用し一軒家に滞在していたので半分以上自炊でしたが

ゴミの量が半端じゃなかったー

分別は燃やせるゴミと燃やせないゴミのの2種のみ

『燃やせる』という感覚がイマイチ分からず
取り敢えず『燃やせない』ゴミ=リサイクルゴミ以外は全て『燃やせる』方へ
プラスティックゴミの量の多さに罪悪感を感じながら
普段の10倍以上を出してきました(脱力

イギリスでは「袋必要ですか?」と聞かれるので断るタイミングに困ることはないのですが
日本では黙っていると1つのものでもいつのまにか小袋に入れられてしまいます。
数回後にやっと断るタイミングを掴み
その後は衣類もお土産物も袋なし

ニンニクが一個一個個装されていたり
野菜がトレー+ビニール袋でパックされていたり
レジ袋を断っても凄いゴミになりました。

我が家の釣り人

早朝浜辺に釣りに出ると海岸に打ち上げられたプラスティックのごみの量が凄かったと言ってました

毎朝ゴミを回収する人がいるからゴミのない海岸を維持しているようですが

自分たちが捨てたゴミが東南アジアに送られて

海を渡って打ち上げられている可能性があるあること

もう少し報道して欲しいなー

過疎の進んだ田舎道

お店の数は少ないけれど

自動販売機の数は多いんですよね

ペットボトル入りの飲み物の消費量凄いだろうなー

走りながらそんなこと思ってました。

良いところも沢山あるんです

だからこそ変わって欲しいなーと思うんですよねー

滞在しているホテル

3年前は使い捨てのアメニティー、シャンプーやリンスが使い捨てではなく備え付けのものに変わってました。

歯ブラシとシェーバーは使い捨てですけどね

レセプションで必要かどうか聞けばこの使い捨ても不要になると思うんですが

少しずつ少しずつ

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Comments

  1. チルル says:

    ニンニクのプラスチック包装、不要だと私も思います! もともと皮がある物は剥けば良いだけだし、洗えば良いだけですよね〜。日本の親切な心は認めますが、世界を見習ってほしいと常々思います。日本の滞在如何ですか? 食事も日本の食材が豊富で日本食を楽しめると良いなぁ〜なんて思って読んでいました♪。違う国を知っている息子くんが色々な意味で日本をずっと好きでいてくれるよう微力ながら環境から努力したいです!

    • マモ says:

      滞在は長崎と宮崎です。息子君は日本大好きですよー、ポケモンあるし食べ物美味しいし、従兄弟と会えるし。イギリスにいると環境問題を語るのですが日本では目に入ってくる日本語を解読するのに必死でそれどころではないようです(笑)

  2. 日本は大多数が「こうすべき!」と合意したらみんな徹底してそれを行う、というところがあるから、省エネ、省電力、などと同じ勢いで「使い捨てプラスティック削減」が人々の共通の目的になってしまえばすぐだと思うんです。過剰包装と同じくらいに「当たり前だから当然ささっとそうする」になると思うんです。そう考えると、政府とか、学校とか、なんかちょっとプロパガンダ活動してみないの?と不思議に思います。

    • マモ says:

      そうなんですよねー、あとは政府と企業が重い腰をあげるだけなんですけど、これがなかなか。